« ブログで他のページ(自分のエントリ含む)へのリンクを貼るときのプチTips | トップページ | WiMAXと3G回線の両方で使えるモバイルルーターDATA08Wを入手した(補足、au版とUQ版の違いについて) »

RTMのタグや場所は頭に「-」などの記号をつけると捗る

Calf outdoors


RTMで新規タスクを登録するとき、「一旦受信箱に放り込んで後で編集する」にせよ、「Smart Addでいっぺんにディティールまで決めてしまう」にせよ、遅かれ早かれタグや場所などのコンテキストを設定することになります。

そのとき、タグの名前を正確に記憶してないとスムーズに入力できないですし(一応右側のタグクラウドが助けになりますが)、日本語の地名はかな漢字変換が必要なので少し時間がかかります。

そこで、普通のファイル管理やEvernoteのノートブック・タグ管理でソートTipsとしてよく使われる手法の「頭に記号をつける」というものを適用すると手間が省けて便利です。

たとえば、タグの頭に「-」をつけてやると、入力する際にとりあえず「-」を入力するだけでタグ候補がドロップダウンメニューのように表示されるので、あとは選択してやるだけです。


rtmtips-1.png


場所の場合でも、よく行く場所、選択する頻度の高い場所には「--」とつけてやると、ハイフンを連打すれば簡単に絞り込めます。

タグの性質で記号を使い分けるのもいいアイディアで、プロジェクトには「+」を使ったり、「パソコン」とか「電話」みたいなコンテキストには「@」を使うとドロップダウンの数が膨大にならずに済みます。


rtmtips.png


注意が必要なのは、RTMでタグに使える記号には制限があって、「*」などはSmart Addのトリガーとのコンフリクトの関係で使えないので、「-」「+」「@」あたりがいいでしょう。

日常的によく行う作業だけに省力化したいところですし、週次レビューでタグ付けなどをするときにも、レビュー作業に集中する助けになるはずです。

|

« ブログで他のページ(自分のエントリ含む)へのリンクを貼るときのプチTips | トップページ | WiMAXと3G回線の両方で使えるモバイルルーターDATA08Wを入手した(補足、au版とUQ版の違いについて) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284865/44308707

この記事へのトラックバック一覧です: RTMのタグや場所は頭に「-」などの記号をつけると捗る:

« ブログで他のページ(自分のエントリ含む)へのリンクを貼るときのプチTips | トップページ | WiMAXと3G回線の両方で使えるモバイルルーターDATA08Wを入手した(補足、au版とUQ版の違いについて) »