« iTunesのPingがTwitterと連携して「かなり使える」予感 | トップページ | MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その3、Safariの設定 »

MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その2、インストールしたアプリなど

前回は、まっさらの状態での環境設定を整えるところまで説明しました。

今回は、様々なアプリをインストールしていきます。

基本的に時系列ですが、便宜上順序が変わっている場合があります。


0、事前準備

アップルパイを作るときも、リンゴの下ごしらえを前日にしておけば、手間が最小限で済みます。同じように、Macにアプリをインストールする際も、必要なZipファイルやdmgファイルを到着日の前日に全てダウンロードしておき、USBメモリに保存しておくことで、作業が非常にはかどりました。

Mac(PCも)を買うときは、必要なソフトはあらかじめダウンロード!これ重要!

最終的に、合計で500MBものサイズになりました。


1、Dropbox

まず最初に、Dropboxのインストールから入ります。ファイルのダウンロードに時間がかかるためですが、1PasswordやTextExpanderなど、Dropboxを利用して情報を同期するアプリがあるので、最初にインストールするのがよいでしょう。

ファイルをダウンロードしている間に、他のアプリを入れていきます。


2、1Password

Dropboxの同期中は、Dropboxに依存しないアプリを中心にインストールしていくのですが、それらはあとでまとめて紹介するとします。

1PasswordをインストールするときにDropboxがインストールされていれば、自動的に「Dropbox内のキーチェーンを利用するか?」と聞いてくるので、従来のMacで利用していたパスワードなどがすぐに使えるようになります。

シェアウェアのプロダクトキーを入力するときなどに便利です。


3、TextExpander

これも、Dropbox経由でスニペットを同期できます。シェアウェアの登録時にメールアドレスを要求されることが多いので、優先してインストールします。

環境設定の「Appearance」タブで"Hide TextExpander icon in Dock"を選択します。


4、その他のアプリ、ウィジェット、環境設定パネルなど

ほぼインストールした順に。

Quicksilver
Social BookmarksプラグインとWeb Search Moduleプラグインをインストール。ただ、しばらくはQuicksilverを「調教」するため、Social Bookmarksは無効化しておくのが無難です。どういうことかというと、よく使う項目を一発で呼び出せるように慣らしておく必要があるのです。
(例:"P"でSystem Preference、"G"でGoogle Readerなど)
設定としては、ホットキーをCommand+英数キーにします。ログイン項目に追加し、インターフェイスはPrimer。
[Preference]→[Command]→[Reset search after]はオフにしておきます。

参考エントリ:Quicksilverの検索関係を整理して使えるようにしてみた


Growl
GrowlSafariも忘れずにインストール。
ログイン項目に追加。
表示オプションはBasics
表示位置は左上。


Google日本語入力
いわゆる物書きの方はATOKの方がいいと思います。月々¥300で使えますし。
どうしてもことえりを使いたい方はこちらから辞書をダウンロードしましょう。
NADの部屋2。
設定は、ATOK風のキー設定、スペースは常に半角。


Adobe AIR
ときどき必要になるので。


Air Display (のユーティリティ)
iPadとMacBook Airを両方持ち歩くことは少ないと思いますが…
再起動が必要になるので後回しがオススメ。


AppCleaner
あと腐れないお別れのために。Dockに置くことで真価を発揮するアプリなので(Finderツールバーという手もありますが)、Dockにも登録します。


AutoPairs
過去エントリ参照


Bluetooth Switch
Bluetoothのオン・オフを切り替えるDashboardウィジェット。
これがあるので、メニューバーのBluetoothは非表示で構わないのです。そもそもMacBook AirでBluetoothを使う機会自体少ないのですが。


CiPT
過去エントリ参照


Cursorerer
一定時間動かさない場合ににカーソルを非表示にできます。
5秒に設定。


Tweetie
さすがに機能不足が目立ってきました。それでも、アップデートにかすかな期待。
"New Tweet"のショートカットを[shift]+[control]+Tに設定
「Disable menu item」オン
「Open links in background」オン


Echofon
乗り換え有力候補。あとは夜フクロウとか。


Google Chrome
Safari以外のブラウザはこれだけにしました。
1Passwordも正式対応して嬉しい限り。
拡張関係は過去エントリ参照(1年近く前ですが…)


iStat Menus
SSD化したので、HDD温度は表示させず、CPUとメモリの状況だけを表示させます。
どこかの温度も表示させたほうがいいですかね?


iStat Pro
Dashboardウィジェット。詳しい状況を見たい時にはこちら。


Liberamemory
おまじない的に。作者の方が仰るように、メンテナンスツールではないので、スワップが多くなってきたら素直に再起動しましょう。
MacBook Air(Late 2010)は「スワップしても速い」という評判ですが、さてどうでしょうか。


FinderPop
コンテキストメニューの拡張。


HyperDock
Windows 7のタスクバーのような機能をDockに追加。ウインドウプレビューは便利なような、そうでもないような。


KeyRemap4MacBook
親指シフトのためだけに。
メニューが非常に多岐に渡っていますが、"Change Space Key"の"Space to Shift_L(When you type Space only, send Space)"にチェックを入れます。
こうすると、[shift]キーとの組み合わせによるショートカットや、英文の頭文字を入力するときなどに右手親指を使えて便利です。


Menubar Countdown
通知の声がダンディなタイマー。


MainMenu
アクセス権の修復とか、キャッシュの削除とか。


Notify
Gmailの通知。
音声通知はオフ。


Skitch
使いやすくて多機能なスクリーンショット。


StartupSound
起動時の「ジャーン!」の音量を調節できる環境設定パネル。音量ゼロにしています。


Finder Toolber Set
「上の階層に移動」ボタンとか。


ClipMenu
とても便利なクリップボード拡張。


TinkerTool
Terminalを使って設定するような「裏ワザ」的な設定をGUIで行えます。 [Finder]タブ
「ウインドウのタイトルに選択したパスを表示する」オン
[Dock]タブ
スタック:「グリッド表示時に選択したものを強調表示する」
基本的にStacksは使わないのですが、たまにフォルダをおくときに。
[一般]タブ
「シートを表示するときの視覚効果を高速化する」オン
[iTunes 10]タブ
「タイトルバーと横並びの操作ボタンがある一般的なウインドウにする」オン
「星半分単位のレート付けを許可する」オン


Zumodrive
あまり使わないけど、まあ、一応


(追記)漏れがあったので捕捉します。

ecto
忘れちゃいけない、このブログを書くために必須。
ただ、ちょっとした問題があってMarsEditに乗り換える可能性も視野に。いずれ別エントリで書くかも。
誤解のないように念のため、アプリ自体はとても使いやすくていい感じです。


Facebook 4 Mac
Facebookのデスクトップクライアントですが、Pingが面白くなってきたのでFacebook放置の危機。


FinderSize
Finderウインドウのサイズを記憶させたりリストアさせたり、結構便利。

参考:設定した場所と大きさに、Finderウィンドウをリサイズ and 移動させる『FinderSize』 - Macの手書き説明書

(追記終わり)

5、Evernoteについて

Evernoteのインストール及び同期についてですが、私の場合は、Dropboxの同期が終わった直後に他のアプリのインストールと並行して行ってみました。

しかしながら、これに関しては、インストール作業があらかた終了したタイミングで、出来れば寝る前に行うことを推奨します!

なぜか?

Evernoteのインストール直後、サーバーとの同期が始まります。ノート数は2835個、総容量は1.6GB。これならDropboxのファイル総量と変わらないので、大して時間はかからないだろうと高をくくっていたのですが、これが大間違い。

ダウンロードもさることながら、「ノートの処理」というタスクに思いの外時間がかかり、しかもその間CPUはぶんまわりっぱなし、冷却ファンもぶんまわりっぱなし

結局数時間かけるハメになったので、Evernoteを初回起動して同期が始まったら、そのまま電源をつないで寝てしまうのが一番いいでしょう。起きたときには、さすがに終わっているはずですから。
ここはちょっとした落とし穴でした。



次回(多分最終回)はSafari関係の設定をしていきます。


関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その1、環境設定編
関連エントリ:「超」初心者向け、Macを買ったら最初に設定しておきたいこと
関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その3、Safariの設定
関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その4、まとめて追記&補足など
関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その5、インストール「しなかった」ものについて。
関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜番外編、ラッピング
関連エントリ:MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜エントリまとめ

|

« iTunesのPingがTwitterと連携して「かなり使える」予感 | トップページ | MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その3、Safariの設定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iTunesのPingがTwitterと連携して「かなり使える」予感 | トップページ | MacBook Air(Late 2010)のセットアップ〜その3、Safariの設定 »