« Mac向けランチャーの新星、Alfredが実用的になってきた(その2) | トップページ | iPadに触ってきました »

最近Macを買った人にはAlfredの方がオススメだと思う

結論としてはタイトルの通り。


以前、Quicksilverから乗り換えるにあたっては次の条件を満たす必要がある、と書きました。

・アプリケーションの起動ができる(ランチャーなのだから当たり前ですが)

・ファイルを開ける(これも当たり前ですね)

・Deliciousのブックマークを開ける

・Web検索ができる

もちろん、Spotlightでもランチャーとしての機能はかなり満たせるわけで、あえて専用のランチャーを選択する理由は、洗練された見た目や細かい使い勝手、などにあります。


この点、Alfredは

・美しくシンプルな見た目

・とっつきやすさ(Quicksilverはややハードルが高い)

・これからの機能強化に期待できる(Quicksilverは開発が終了しています)

・無料(有料アプリなら、Launchbarがあります)

と、かなりレベルが高いといえます。


とくに、検索サービスのカスタマイズはQuicksilverと比べて非常に簡単で、初心者の方に強くオススメする理由もこの点にあります。Quicksilverだと少し面倒です(その分、文字のエンコードができたり細かい設定ができるので、一概にどちらが良いということはいえません)。

Quicksilverはたんなるランチャーにとどまらず、Mac上のあらゆることを制御できるといってもいいくらいのアプリで、そこが魅力ですが、そこまでの高機能を必要としない人は多いでしょう。

私自身も、Quicksilverに体が慣れてしまっているのと、それなりに使い込むことで自然とQuicksilverが自分に使いやすいように調整されている(ジーンズのようです)ため、Alfredに乗り換えるには至りませんでしたが、「最近Macを買いました」という人には、いちからQuicksilverの使い方を覚えるよりは、Alfredあたりで簡単に快適な環境を手にいれるのを推奨します。

もし、Alfredに飽きたりなくなってきたら、その時はQuicksilverなりLaunchbarにステップアップすればよいのです。


なお、Mac向けのランチャーは他にもQuick Search BoxLaunchyなどがあり、使い比べながら自分にあったアプリを見つけるのもいいでしょう。

Quick Search BoxはGoogle謹製で、Quicksilverの開発者が携わっており、こちらもかなり洗練されています。人によってはAlfredよりこちらの方を気に入るかも。

LaunchyはWindows環境で少し使っていたことがありますが、Macではまだ試してないです。



関連エントリ
Mac向けランチャーの新星、Alfredが実用的になってきた(その1)
Mac向けランチャーの新星、Alfredが実用的になってきた(その2)
AlfredでPowerpackを使う場合にはMac App StoreからDLしてはいけない

|

« Mac向けランチャーの新星、Alfredが実用的になってきた(その2) | トップページ | iPadに触ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近Macを買った人にはAlfredの方がオススメだと思う:

« Mac向けランチャーの新星、Alfredが実用的になってきた(その2) | トップページ | iPadに触ってきました »